蔵内之芽組

「こいわかめ」生産者公式webサイトです。      ホヤ、ホタテ等も生産しています。

芽組について

蔵内之芽組は、養殖漁業を営む協働グループです

蔵内之芽組は、東日本大震災後に漁業の再開を目指していた3人の漁師仲間で立ち上げた協働グループです。

全てを失ったあと、一人での漁業再開は困難を極めました。仲間の強い意志によって、津波の猛威にさらされながらもたった1艘残った船に希望を託して漁業再開にこぎ着けました。その後、若手2名と新規就労者1名が加わり、現在6名で生産活動に勤しんでおります。

発足の経緯は、こちらmegumi

わかめの他に、ホヤ、ホタテの養殖もおこなっています。

蔵内之芽組は、地元、気仙沼・蔵内沖の漁場で種苗採取から本養殖までを一貫しておこなっています。この「蔵内の海の恵み」を皆様へお届けします。

蔵内沖の漁場は、黒潮と親潮がぶつかる豊かな海に恵まれています。豊富な栄養源と強い荒波が特徴のこの環境で、風味豊かな海産物が育まれます。

芽組の由来

めぐみには、「海の恵み」の意味と、これから蔵内の芽となって活動するという意味が込められています。蔵内の沖で育った美味しいわかめなどの海産物を皆様にお届けするとともに、海産物の生産を通じて地域の発展に微力ながらお手伝いできるようがんばりたいと思います。

2016/09/28